wise project Inc.

ADAPBASE

踏むだけでカラダを変化させる
脳科学から考えられた
トレーニングマット

足裏から、見えてくるもの
構想から8年の集大成

現代病とも言える腰痛や肩こり、スポーツすることで発生する痛み、成長痛など…。怪我以外の痛みの原因は足裏にあるのかもしれないと思ったのが今から8年前。
接骨院(整骨院)の国家資格者(柔道整復師)という仕事柄多くの痛みを抱える患者様たちと向き合い、踵の倒れている人、足指が浮いている人など、足裏の異常を多く見てきました。
二足歩行で生活する人間は唯一、足裏だけが大地と接しています。この部分が不安定であったり、機能不全があると、全身に影響が出てしまうのは容易に想像がつくのではないでしょうか?
機能不全という言葉を使いましたが、簡単にいうと足裏センサーがサボっているということ。足の骨は細かい骨が26個もあります。何故こんなに多くの骨に分かれているんでしょうか?それは2つの相反する機能を両立するためだと考えています。

足の骨

足裏センサーが担う働き

① 剛の働き

力強いアーチを作りサスペンションのように
衝撃を吸収する役割

② 柔の働き

平らでない地面にもしっかりと接地面積を増やして
安定させる役割

現代社会は床や地面は整地され硬くなり①の機能ばかりが必要とされています。②もとっても大事な機能ですが現代社会の環境ではあまり出番がありません。人間は使わない機能をどんどんサボらせていくという特徴を持っています。そこで、8年前スポーツをしている子たちに、わざと凹凸を作った芝生の上を歩いてもらえるスペースを敷地内に作りました。
足にトラブルのある子の中で扁平足やハイアーチを持っている子たちの多くが、そこを歩くことで痛みの改善が速くなったり、再発しなくなっていったんです。
不整地を歩くということが足裏センサーを活性化させたんだと感じました。足裏センサーがサボっている人は安定するために腰や肩の筋肉に力を入れ姿勢が悪くなっていることが多かったんです。
ただ、屋外の芝生を裸足で歩くことは雨の日や寒い日暑い日にはとてもハードルの高い行動です。そこで我々は足裏センサーを活性化させる、屋内で使える不整地マットの開発に取り組みました。

踏むだけという
シンプルな
トレーニング方法

利用方法が明快だから
老若男女幅広く利用可能。
運動経験に関わらず
トレーニングしやすい
理想的なマット。

症状がある方へ

● 足部の発育不全や機能不全の改善
● 体幹機能の改善
● リハビリ期の機能回復ツールとして
● 扁平足やハイアーチの改善や予防
● 姿勢改善(猫背・反り腰など)
● 高齢者の転倒予防トレーニングツールとして

能力を伸ばしたい方へ

● バランス機能の向上
● アジリティ能力の向上
● 足部の怪我予防

このような症状に
効果的に働きます

● 扁平足やハイアーチ(甲高の足)などの足のトラブルを改善したい方
● 重心のコントロール(足の裏のどの部分に圧を感じるか?)が苦手な方
● 姿勢が悪いと感じている方
● 体に不調を感じる方
● 身体能力UPしたい方

STORY

脳科学から紐解く
発育発達と足裏センサー

前述しましたが、私は多くのスポーツをして痛みを抱えている子供を診てきました。多くの子を診ているうちに、痛みの出ない子に育てられないだろうか? 痛みの出やすい体になってしまった理由はいったいなんなんだろうか? ということです。
もしそれが分かれば、痛みの出にくい発育発達、そして不足しているものを再学習することで現在痛みを抱えている人も痛みがでないようにできるのでは? と思ったわけです。
そうした考えから、子供の発育(体の形はどう作られていくのか)は発達(どんな能力を求めるか)で変わっていくということに気がつきます。
子供は環境に合わせ最適な成長をしていきます。

その証拠に、水泳をしていた子は肩幅が広くなり、バレエをしていた子は爪先が外を向きます。これはスポーツにおいて必要な能力を獲得するために体の形が決まったということを意味します。

子供が大きくなっていくまでの成長過程を追ってみます。赤ちゃんがハイハイしている頃、足の裏はまだ大地を捉えていません。高這いやお座りを覚えた頃足の裏は大地を感じ初めていきます。この瞬間から二足歩行をするための足裏センサーの発達が始まっていきます。足裏センサーからの情報はあらゆる環境下での姿勢反応に利用されます。姿勢をきっちり制御できること、これが二足歩行ができる人間の大きな特徴です。そして足裏センサーの発達はあらゆる不整地(凹凸のある地面)での移動を行なった結果得られるのです。
不整地を歩くとき、不安が大きければ大きいほど爪先から着地します。つまり足裏センサーは爪先側で大きく働いてくるということです。脳は爪先で傾斜や地面の質感(滑るのか?硬いのか?)を探索し姿勢制御のための戦略を立てます。どんな大地に対しても、足の傾き方や腿のねじれ、背骨の向きやバランスを調整できることが体幹機能として二足歩行や姿勢へ大きな影響を与えてくれます。発育していく段階での足裏センサーの発達は姿勢制御に直結しスムーズな動きや痛みの出にくい身体の素になります。

現代社会において不整地を歩くということ自体が難しくなってきています。高齢者の転倒防止のために室内はバリアフリー化しましたが転倒事故自体は減少傾向にありません。転倒事故の大半は2cm以下の小さな凹凸に躓くという報告も上がってきています。不整地を歩かないということが足裏センサーの機能低下につながっているという現実が垣間見えます。アダプベースは、今から発育していく子供から、痛みから抜け出したい方、姿勢を改善したい方、歩き方の質をあげたい方、歩行や荷重しなかった足のリハビリ中の方、高齢者まで全年齢を対象に足裏センサーの機能改善の役になってくれます。

各業界からも評価されています

作業療法士で療育アドバイザーの中鶴真人です。
私は脳血管障害へのリハビリテーションに長く関わっており、最近ではお子さんの療育や指導に関わる事が増えました。
そんな中、高齢者とお子さんに共通した問題に気付きました。
それは、足裏の過敏性と機能不全の多さです。
それは、現代社会の環境が整備されすぎて足裏が地面の凸凹を捉えることが出来なくなっていることに起因していると考えます。
バリアフリーに馴れすぎてバリアありに追従出来ない足裏となっていること、これは現代病と言っても過言ではないと思います。
そこで、人の環境適応機能と身体能力を改善するアダプテーショントレーニングの最適ツールの開発に鈴木氏と共に着手しました。
鈴木氏の尽力により製品化にこぎ着けたことは大変喜ばしいことですが
何より足裏と体幹機能を連動させるこのツールの凄さは専門知識を有しなくても効果的であることです。
どんなに素晴らしいツールも誰でも、簡単に何度でも使えなければ効果は半減するでしょう。
このツールはそんな日常からトレーニング、リハビリテーションなど様々な場面に応用できる余地を意図的に残しました。
バリアフリーな現代に機能的で安全なバリアを作りヒト本来の力を引き出してくれるアダプベースの普及は健康寿命を延ばす最適ツールと考えます。

歯科医師のKと申します。毎日のように歯並びの相談や治療などで多くのお子様が来院されます。歯科医療関係者は学生時代に歯並びの問題の原因が全身にもある事を学び知っています。
しかし、歯並びを悪くする原因の一つである口呼吸の原因を詳しく説明できる歯科医療関係者は、数少ないのが現状です。

私は研修医時代に顎顔面の形態が生活習慣により変化していく事を学びました。顎顔面領域は歯がある場所であり、その顎顔面の形が変わればその上に生えている歯の並び方にも当然のように変化を生ずるであろう事は予想されます。

先に述べた生活習慣の大半は社会問題や社会現象でもあります。その中には、毎日なにげに履いている靴の形や歩く歩数の減少もあるでしょう。
そこで、足全体から足裏までを注意深く観察し、足からのアプローチで介入すれば、歯並びにも影響を与えることが出来るという考えに至ったのです。

この度、キッズトレーナーの鈴木清吾さん、作業療法士の中鶴真人先生と共に、日本の子供達の足と日本の住宅事情にあった形状、サイズを考慮し、さらに購入しやすい価格で『足底から良い歯並びを作る為のアプローチに役立つワンツール』を製作しました。それがこのアダプベースであります。子供から、大人までと幅広い世代の皆様に使用して頂けるであろうと思います。ぜひ、日常使いで、出番の多いアダプベース使いをお試し願いたく、家族全員で足踏み習慣タイムを実現して戴きたいと思います。

用途・環境に合わせて
様々な
レイアウトを可能に

2:1の比率なので2枚を繋げて正方形や、L字のコーナーの生成。
また、3枚を重ねることで600×900mmなど、組み合わせ次第でパズルのように設置面を作ることが可能です。
施設のスペースや、生活空間に合わせて増床が可能です。

材質:発泡ポリウレタン
サイズ:300mm×600mm/最大高さ70mm

販売価格
¥19,800-(税込¥21,780-)

サブスクリプション
月額 1,000円(税込)〜
<!> サブスクリプション契約は2年毎更新となります <!> サブスクリプション契約は3枚以上の契約が対象です

ご購入方法
ECサイト または 販売代理店にて

ADAPBASE EXERCISE
好評配信中